介護福祉士を受験出来る人はどんな人?

介護福祉士の資格の種類は国家資格になります。そしてこの資格を受験するには3つの条件のいずれかを満たしている必要があります。その3つとは

 

・実務経験が3年以上ある事
・福祉系の高等学校を卒業している事
・養成施設による過程を修了している事です

 

養成施設の過程を修了している事については平成27年度以降の試験に適用されます。

 

介護福祉士として仕事をしていく為には、福祉に関係している知識、そして経験を有している必要があります。
そのためには、やはり現場で実際に仕事をしてみたり、専門学校で学ぶ必要があります。

 

実務経験が3年以上ある事について

実務経験を積む場所は、特別養護老人ホーム、そして介護老人の保健施設や身体障害者療養施設で仕事をしたり、ホームヘルパーをしたり、療養型の病床群である看護助手をする必要があります。その期間は3年以上である必要があります。その詳しい内訳は1095日の従業期間が必要であり、実際に従事するべき日数は540日以上必要です。まずはこの期間、介護の仕事をしましょう。

 

これについて詳しいことは社会福祉および介護福祉士法の第40条の第2項の第2号に掲載されています。

a.下記では従業期間と従事日数について詳しく説明します。

 

従業期間とは受験をする時に必要となる施設の実務経験に在職している期間のことを指します。

 

従事日数とは従業期間のときに介護の仕事をしている日数のことを言います。しかし、有給休暇をとっていたり特別休暇などにより、理由があって介護の業務をしていなかった日数は除くことになります。

 

b.もし受験を申し込みする時に、3年の実務経験を完了していなくても、試験の前日までに3年という日数を満たす予定があれば「実務経験見込み」になります。しかし、平成27年度の第28回目の試験からは、さらに条件が必要になります。実務経験だけでなく、養成施設での研修を受けなくてはいけません。

 

 

福祉系の高等学校を卒業してから受験をする場合について

福祉系の高等学校を卒業するとは、高等学校または専門学校等の中等教育学校において福祉に関係している科目と単位を取得してから卒業をしていることを指します。

 

こちらについての詳しい情報は社会福祉士および介護福祉士法の第40条の第2項の第1号に掲載されています。

 

福祉系の高等学校卒業者について

福祉系高等学校卒業者とは、学校教育法が定める高等学校、中等教育学校に通い、社会福祉士および介護福祉士施行規則の第21条の定めている教科や単位を取得してから卒業をした人または大学へ飛び入学をした人のことを指します。

 

・福祉系の高等学校専攻科卒業者について

福祉系の高等学校専攻科卒業者とは、学校教育法によって定められている高等学校や、中等教育学校に含まれている専攻科で、社会福祉および介護福祉施行規則の第21条によって定められている科目を履修し、単位を取得してから卒業をしている人を指します。

 

特定高等学校などを卒業してから、9か月を超える介護などの実務経験をしている人

こちらは平成21年の4月1日から平成26年の3月31日の期間の間に特例高等学校へと入学をしてから、社会福祉介護福祉学校指定規則附則の第2条2項が定めている教科目を履修し、単位数を取得してから卒業をして、さらに9か月よりも多い介護の実務経験を積んだ人のことを指します。

 

養成施設の提供する過程を完了してから受験をする場合について

この場合は平成27年度の試験から適用されます。介護福祉士の養成施設において定められたコースを修了している人が受験をすることが可能です。

 

介護などの業務について

介護などの業務について詳しく説明をしますと「身体または精神に障害があり、そのために普通の生活をしていくのが難しい人に対して、状況に応じてサポートをすること」です。

 

そして、介護とは喀痰吸引をはじめとして、日常生活をしていくために必要な事かつ、医師の指示によって施行されるものであります。