合格のために常識や文化がキーになる?

介護福祉士の国家試験には合格をさせるために出題される問題が多くあります。厚生労働省の考えとしては、より多くの介護福祉士を育成していきたいという物があります。そうなので、問題をひねって難しくすることはありません。毎日まじめに、介護の仕事をしているならばそれらの経験や知識を利用すれば40%の問題を解く事が出来るでしょう。

 

合格をするためには60%の問題が解ければよい訳です。そうなので、残りの20%を勉強しておけば良いのです。ですから、広い範囲を勉強するのではなく、20%を取得するために集中した勉強をすれば良いのです。

 

介護福祉士の試験の雰囲気を詳しく知ることも大切です

今現在、資格試験の種類は様々です。試験によって様々な特色がありますから、その雰囲気を知ることが重要です。つまり試験の有する文化という物があるとも言えますね。

 

もちろん介護福祉士の資格の試験にも文化はあることになります。文化を知ることで得点を取得することが出来るでしょう。

 

この文化を知るために重要な事は、過去に出題された問題を解いてみることが大切です。第24回目の試験以降は新科目になりました。ですから、出題予想をしている問題集を何回も解く事で、介護福祉資格の試験の雰囲気をつかみましょう。

 

少なくとも3回は解いてみてください。そうすることでどのような雰囲気化をつかむことが出来るでしょうし、試験においても力強い支えになるでしょう。