介護福祉士の給与は改善している

介護福祉士の給与に関してですが、施設や事業所によってその平均給与が大きく異なります。
訪問介護事業所では非常勤職員の割合が高いために他の施設と比較して平均給与額が低めになってしまっていますが、介護施設、例えば特別養護老人ホームなどでは、夜勤手当などの手当により平均給与額が高めになっています。なので、事業所や施設の平均給与額に大きな差があるということを認識した上で、就職活動をするべきでしょう。

 

「介護職は重労働に見合う給与が得られない」といった印象がマスコミなどにより広められてますが、現在では待遇・給与ともに改善してきています。国会では「介護従事者の処遇改善」や「介護従事者の給与の引き上げ」などの介護職待遇改善のための審議が行われています。その成果もあって、2009年度の介護報酬改定では、介護従事者の平均給与額は約9000円増加しました。引き続き2012年度も介護報酬改定が、介護職員の待遇改善を目的として行われています。

 

今後は介護職の必要性が増しますので、待遇改善・給与水準の引き上げは引き続き行われていくと予想されます。そのような、待遇改善は介護従事者達の生活の安定を確保し、結果として介護の質の向上が見込まれます。

 

一般的に介護福祉士資格取得者は基本給に加えて資格手当が加えられます。法人か企業か、事業所か施設かなどによって差はありますが、資格をもつことで給与上昇が期待できます。さらに、介護福祉士の資格を所得してる者が「事業所の管理者」「サービス提供責任者」「リーダー」などの役職を担っている場合が多いので、役職手当も加えて支給されている場合もあります。さらに、社会福祉士・介護支援専門員などの異なる資格も取得すれば、多様なニーズに対応できるために、さらに給与が上昇することになるでしょう。

 

介護福祉士という国家資格を取得することで、技術や知識などを高めてやりがいを増すだけでなく、給与上昇という経済的な面での保証を高めていくことで、身も心も自信をもって仕事をしていくことができます。