介護福祉士の職場の魅力とは?

この数年、日本は雇用求人が減少し安定した職業に就くことが難しい時代になっています。一方で、高齢化社会を迎えた日本では、介護や福祉関係の求人が増加しています。そうした中で、他の職種に比べて労働者優位の市場であり、好条件の労働環境を選べるような状況にあります。

 

介護福祉士は国家資格であり、一度取得する事で再登録や再試験の必要がありません。育児や休職により一度現場を離れた場合でも、資格を持っていれば復帰する事が可能であり、国内全土で仕事に就く事が可能となるのです。

 

さらには、介護の仕事は近年多様化しており、ひと言に福祉の現場といっても企業や法人の違いであったり、現場の種類や勤務内容、「訪問系」、「通所系」、「施設系」など様々な種類に分けられます。また、配属される部署や役職などによっても仕事の種類は異なります。それに準じる給与や勤務形態、勤務時間も変化しますし、現場によっては残業の有無も異なります。
こうした中で、より自分が求める条件に近いものを選択することが可能となります。

 

また、介護の仕事を行う上では、一介護職員としてだけではなく、ケアスタッフリーダー、サービス提供責任者、事業所の管理者などの?役職に就く事を求められるような状況もあるでしょう。

 

そうした中で、就職活動を行う上では、自らの優先順位や希望を決めておくことが重要です。そうした基準に基づいて就職先を選定し、例えば自分の第一希望が給与である場合には、夜勤手当が支給される職場であるとか、残業の多い職場であるといった情報で決定するのが良いでしょう。

 

福祉の仕事では、他の業種に比べてその地域に密着しているという特性があります。働いていく中でその地域性が理解できるというメリットもありますし、その地域ならではの風習や世間的特性や地理の特性など、様々な知識を得る事ができます。
そうした知識を得る事により、その地域に潜む介護ニーズを見つける事も可能となりますし、自立支援を図る利用者へのサービス向上やコミュニケーション手段の確保などに役立ちます。

 

中でも、在宅の利用者を訪問する介護サービスや、デイサービスのように近隣に住む利用者がいる通所系の介護サービスにおいては、そうした利用者の家族や生活習慣といった情報だけではなく、住んでいる地域の特性を踏まえる事でサービス向上を図る事が可能となるでしょう。

 

利用者とのコミュニケーションを図る際に、その地域のイベントや習慣を話題にすることも出来ますし、地理的な特性を知る事で、利用者が不満を感じていることを理解することの助けにもなります。
地域のつながりが強い場合には、他の地域よりも個人情報の扱いを厳密にするなどの対処を講じることが可能となるのです。