併せて取得しておきたい資格とは?

高齢化がすすんだ日本では介護のニーズも多様化しており、今後より多種多様な介護が求められるようになるでしょう。そうしたニーズに応えるためにも、介護福祉士の他にも資格を有していることが役立つでしょう。

 

主に、介護の現場に向いている資格となるのが、手話通訳士、保育士、調理師、介護職士などでしょう。より事務的な面での活躍を望むのであれば、社会福祉士や、?福祉住環境コーディネーター、介護支援専門員(ケアマネジャー)などの関連資格を取得しておくと役立ちます。

 

複数の資格を所有していることが、給与や収入の増加につながる場合もありますし、キャリアアップを果たす事も可能となります。それに、困っている人を助けたいという介護の理念そのものを果たすことができる幅も広がります。

 

例えば、介護福祉士の資格を持っている場合に、社会福祉士の資格を持っていれば、より幅の広い業務に携わることが可能です。身体や精神に障害を持つ人の相談を受けることもできますし、相談者に対して総合的な観点から援助業務を果たす事ができます。自分だけではなく、相談者にとっても大きなメリットとなるでしょう。

 

こうした多数のメリットがあるため、介護福祉士の養成施設では、上記に挙げてきたような資格を学習過程で併せて取得することが出来るようなプログラムが組まれています。もちろん、後に独学で学ぶ事も可能となります。

 

これから養成施設に入学することを考えているのであれば、どのような資格を取得することができるのか、一度確認してみるのも良いでしょう。

 

これからの社会において、介護福祉士はより一層の活躍を求められるでしょう。社会の問題を解決し、より必要な人材として求められるような介護福祉士になるためにも、こうした資格を組み合わせて取得することで、活躍の幅も広がるでしょう。